2015年11月2日~6日 米国サンディエゴ大学よりTodd Edwards教授を講師としてお招きし、家族志向の医療・ケアの集中コースを開催しました。Todd先生は家族療法家、同大学大学院家族療法プログラムのディレクターで、家族療法とプライマリ・ケアとの協働に力を入れておられます。
本コースでは、三重大学病院、津ファミリークリニック、一志病院にて下記のような6つの企画を行い、延べ88名の参加がありました。家族療法の考え方、技法、エビデンスを学び、日常診療でどのように活用するかを議論しました。
ライブスーパーヴィジョンではビデオ中継によってチームで議論し、講師の助言を面接中の医師に伝えて治療に役立てました。訪問診療にも同行していただき、高齢化が進む地域において介護問題を抱える家族のケースについて一緒に考えました。Todd先生、そして参加、協力してくださったみなさん、有難うございました!

November 2-6 in 2015, we had a Family-Oriented Care Intensive by Prof. Todd Edwards, a family therapist, director of master program in couple and family therapy at University of San Diego. He has an emphasis on collaborative care between family therapy and primary care.We carried out six events as follows in Mie University Hospital, Tsu Family Clinic and Ichishi Hospital, having 88 participants. We learned basic theories, skills and evidences in family therapy, and discussed how to use them in our daily practice.
In the video live supervision, with the team discussion, Dr Edwards conveyed his advice to and helped the physician in session. He also visited patient’s home with us. We discussed some of our elderly family cases with long-term care problems.

 

11/2 三重大学病院にて スーパーヴィジョン(ライブ+ケースノート)

11/3 三重大学にて 1日ワークショップ「家族志向の医療・ケア」

11/5 津ファミリークリニックにて セミナー「親となることへの変化と効果的な子育て」,スーパーヴィジョン(ケースノート)

11/6 一志病院にて セミナー「人生の最終章における予期喪失と予期悲嘆」,スーパーヴィジョン(ライブビデオ)

11/2 Live and case note- supervision, Mie University Hospital

11/3 One-day Workshop “Family-Oriented Medicine & Care”, Mie University

11/5 Seminar “The transition to parenthood & effective parenting”, Supervision with case note

11/6 Seminar “Anticipated losses and anticipatory grief in later life”, Video-live supervision

 

DSC_0148P1010014

 

 

 

 

 

 

11/3 三重大学「家族志向の医療・ケア」ワークショップ

DSC_0156

IMG_0711

 

 

 

 

 

 

11/5 津ファミリークリニック スーパーヴィジョン     11/6 一志病院 スーパーヴィジョン