文部科学省補助事業 未来医療研究人材養成拠点形成事業「三重地域総合診療ネットワークの全国・世界発信」

総合診療のためのPhDコース(研究人材の養成)

  • HOME »
  • 総合診療のためのPhDコース(研究人材の養成)

総合診療のためのPhDコースのねらい

日本の総合診療、家庭医療など地域医療を対象とする分野においては、欧米のエビデンスをそのまま導入しようとすることが多々あります。海外の成果も大いに参考にすべきですが、それらが本当に日本の医療、そして日本人に適したものか、日本のジェネラリストはよく考える必要があるでしょう。日本における地域医療のフィールドの発展のためには、日本の地域医療にかかわるエビデンスを確立するための独自の研究が不可欠です。
「総合診療のためのPhDコース」では、臨床・研究・教育を総合的に実施できる大学という恵まれた環境の中で、地域医療学における日本独自のエビデンス確立のための研究を行います。講義は、テレビ会議システムとe-learningシステムを使用して各診療施設や自宅で受講することが可能です。対象は地域医療にかかわる医師やその他多職種の医療関係者すべてです。
slide0002_image003

コース概要

リサーチマインドを持った、地域医療にかかわる医師(総合診療医・家庭医を含む)を育成するための大学院博士課程のコース。統計学、疫学などのコース共通科目と、家庭医療学・総合診療学、地域医療学などのコース別の実習・演習が含まれる。
指導教員は地域医療学、家庭医療学、そして寄附講座の各地域の地域医療学講座などの常勤教員のみならず、三重大学医学科の他講座・教室、三重大学の人文学部、教育学部などの他学部、そして他大学・施設からの実力ある多数の非常勤講師、招聘講師による。コース共通科目についてはe-learningも可能。

養成すべき人材像

研究実行に必要な知識、技能を身につけて、今後、地域医療(総合診療学・家庭医療学も含む)の分野のエビデンスを精力的に解明する意思のある方。

特色

  • 4年にわたりシステマティックに研究能力を身に付けさせるカリキュラム
  • 総合診療・家庭医療分野での研究実施に適した内容
  • 実際の研究のみならず、統計学や疫学などの基礎的な知識を講義によって教育
  • 学内のみならず、学外からも講師を招いて、講義や実習を実施
  • 家庭医療学のみならず、公衆衛生学、疫学、心理学、社会科学など、研究に必要な多分野の指導者が講師として指導
  • e-learningなど、ワークライフバランスを考慮した指導

指導体制

  • 三重大学家庭医療学、地域医療学、地域包括ケア・老年医学などの教員
  • 三重大学公衆衛生学などの教員
  • 三重大学教育学部、人文学部の教員
  • 鈴鹿医療科学大学(薬学、看護学など)、皇學館大学現代日本社会学部などの教員
  • ミシガン大学などの海外の研究関連の教員

対象者

  • 主として総合診療・家庭医療専門医(専門医取得後の医師)、または同等の能力を持つ臨床医。
  • 「アカデミックGP教育コース」の参加者
  • 修士号を持つ、プライマリ・ケア分野で活動する多職種医療従事者

修業年限

4年

修了要件

三重大大学院医学博士課程の大学院生として、原則として3年次までにコース共通科目6単位と選択科目24単位の合計30単位以上を取得。研究の実施、査読有の英文論文掲載。年数回の形成的評価と4年目の学位審査を受ける。

履修科目

  • コース共通科目
    • 統計学:2単位
    • 疫学Ⅰ:2単位
    • 疫学Ⅱ(質的研究を含む):1単位
    • 医学教育学:1単位
    • 総合診療各論(大学院セミナーを含む):2単位
  • 演習及び実験・実習
    • 家庭医療学・総合診療医学A,B,C,D:各6単位(計24単位)
    • 地域医療学A,B,C,D:各6単位(計24単位)

募集要項

募集人数

1. 家庭医療・総合診療専門医等 2~3名程度
2. 修士号を持つ多職種医療従事者 2名程度
*履修者数 11名 (2016年4月現在)

出願資格

以下のいずれかの条件を満たし、かつ、在籍条件のいずれかに該当する者

  • 総合診療専門医(専門医取得後の医師)、または同等の能力を持つ臨床医
  • 「アカデミックGP教育コース」参加者
  • 、修士課程を終えたプライマリ・ケア分野で活動する多職種医療従事者

<在籍条件>

  1. 大学の医学部医学科、歯学科又は6年課程の薬学もしくは獣医学の学部を卒業した者及び、年度内に卒業見込みの者
  2. 外国において、学校教育における18年の課程及び、これに準ずる課程を修了した者、または年度内に修了見込みの者
  3. 本研究科が特別に認めた者

選抜方法

入学者の選抜は、学力検査及び成績証明書その他の結果を統合して行います。
出願に関する詳細、学力検査日程等については、三重大学大学院医学研究科のページを御覧ください。

アクセスカウンター

  • 31532総閲覧数:
  • 21707総訪問者数:
  • 434月別訪問者数:
  • 2014年8月11日カウント開始日:
PAGETOP