文部科学省補助事業 未来医療研究人材養成拠点形成事業「三重地域総合診療ネットワークの全国・世界発信」

家庭医療学教室について

三重大学家庭医療学教室のご案内

当教室は、以下のことを目的としています。

  • 地域に貢献し、地域から愛される医療者を、三重の地から育成します。
  • 診療所・病院・地域のいずれでも活躍できる、総合診療医(家庭医)を育成します。
  • 学習者が指導者と共に、総合診療(家庭医療)のプロフェッショナルとして、学び続けられる安全な場・環境を提供します。
  • 医療・教育・研究のいずれの分野にもチャレンジし、各分野のリーダーとなる医療者を育成します。

当教室では家庭医を目指す人にふさわしい研修プログラムを整えてみなさんをお待ちしています。随時後期研修医も募集中です。他の専門領域からの進路変更にも柔軟に対応いたします。医師、医学生の見学・短期間の実習の受け入れも随時行っています。短期研修の期間は数日から数か月までご希望に応じますので、お気軽にご相談下さい。
当教室の家庭医療後期研修プログラムを修了すると、家庭医療専門医認定審査試験の受験資格を得られます。三重大学プログラム経験者の多くは三重県内外の病院で勤務医や診療所の医師として、また海外の医師として活躍しています。

研究の分野においても、家庭医療に係わるエビデンスを多数作ってまいりました。医療の質にかかわる研究、医療面接にかかわる研究、健康増進にかかわる様々な研究などを行っています。三重大学での家庭医療研究は海外の家庭医療のフィールドで注目されております。毎年、文科省または厚労省から科研費、県や市町村からの研究助成金、さらに学会等からも研究助成をいただいております。大学院生らも志気が向上してきていますので、今後さらに多くの家庭医療に係わるエビデンスを発信して、三重大学が家庭医療研究のメッカになるようがんばりたいと思います。

kateiiryougaku

アクセスカウンター

  • 27783総閲覧数:
  • 18987総訪問者数:
  • 623月別訪問者数:
  • 2014年8月11日カウント開始日:
PAGETOP